古谷研とは?

古谷研は、2019年4月に早稲田大学 共同原子力専攻 教授に着任した古谷正裕が、
師岡研究室を引き継ぎ原子炉熱流動研究室として誕生しました。

熱や流れのメカニズムを実験とシミュレーションで解明することを基本として、
機械学習などの新しい手法を取り入れて理解を深めています。

さらに三次元造形や微細加工技術、機器分析などを利用して、
熱や流れに化学反応を加えた触媒技術やマテリアルインフォマティックスにも挑戦しています。

研究内容

古谷研の研究について紹介します。

メンバー

古谷研のメンバーを紹介します。

進路

古谷研の進路について紹介します。

最新のTopic