早稲田大学 理工学術院 電気・情報生命専攻 
   和佐研究グループ(システム制御研究)

和佐泰明研究グループは早稲田大学 理工学術院 先進理工学研究科(先進理工学部) 電気・情報生命専攻(電気・情報生命工学科)に所属し,村田昇研究室と合同で運営しています.

   私たちは人やセンサが得るリアルタイムの情報や知見を上手に共有しつつ分権的に実装しながら全体最適を導くシステム化の構築を目指しています.主な研究は時間的に変化するサイバーフィジカル&ヒューマンシステムの分散協調制御手法・動的統合メカニズムの原理解明と実社会システムへの応用展開です.特にシステム制御理論を主軸に機械学習や経済学,生命科学の知見を織り交ぜながら,数理モデルで裏付けられた基礎理論構築とアルゴリズム開発に取り組んでいます.

Recent Activities (past)

2021.11    Our TCST paper is accepted (moral-hazard type dynamic mechanism design)
2021.11    OS, Talk: 第64回自動制御連合講演会 (OS: 人・社会・経済と制御理論), online(3件, M1渡邊発表)
2021.9    和佐研究グループ 第3期生(電生学部3年)6名配属
2021.9    Talk: SICE AC 2021 (Workshop: Sharing Systems), online
2021.8    Our T-SICE paper is accepted(避難行動モデルとナッジメカニズム)
2021.4    科研費採択:研究分担1件
基盤研究(B) 国際環境協定の動学ゲーム分析(代表:赤尾健一 早稲田大学 社会科学総合学術院 教授)
2021.2    受賞:和佐 2020年度船井情報科学振興財団 船井研究奨励賞
2020.12    Talk: CDC20 (Traffic game)
2020.12    Talk: 3rd IFAC workshop on CPHS (Passivity in decision system with nudge)
2020.11    Our TSG paper is published in print(プレスリリース
2020.4    Our book "Economically Enabled Energy Management" is published

For Prospective Students and Researchers

システム制御研究の社会への貢献を見据えながら基盤理論・応用両面で一緒に推進してくれる仲間を募集中.

研究活動を共にする仲間  
(See People)

  

活動報告  
(See Our Facebook)

  

講義・配属条件等の情報  
(See Courses)

分散エネルギー管理システム構築のための統合メカニズム設計論の創出

JST CREST EMS領域研究課題として実施した.研究チームの概要はYoutube,研究成果は書籍 "Economically Enabled Energy Management"に編纂した.和佐研究グループの研究内容は世界中のシステム制御研究者による書籍 "Smart Grid Control"に含まれている.小売市場のリアルタイム実装に向けた国際共同研究はIEEE Trans. Smart Gridに採録された.

     

Access, Contact and Office Hour

早稲田大学西早稲田キャンパスへのアクセスはこちら
和佐居室:62号館2階12B室
学生実験部屋:62号館2階10B,11,12A室
 オフィスアワー:コロナ禍はアポイント制
 問合せ先:和佐( wasa _at_ aoni.waseda.jp )まで
 宛先:〒169-8555 東京都新宿区大久保 3-4-1
    早稲田大学 62号館2-12B室 和佐泰明

 
Copyright (c) Yasuaki WASA | All Rights Reserved.