早稲田大学 理工学術院 電気・情報生命専攻
   和佐研究グループ(システム制御研究)

Ongoing Research Topics (English)

動的最適制御理論の誘因メカニズムによる実装

近未来社会の理想体であるCyber-Physical & Human Systems(CPHS)時代では,時々刻々状況が変化する動的社会システムの中で,自動化された機械やサービスの受容者である我々人類を含む異種の意思決定者が混在するマルチエージェントへの適切な制御方策が求められている.社会実装で上手く実現するには,エージェント間の利害関係(ゲーム的状況)だけでなく主従関係(契約)やエージェントの行動変容条件,社会システムの動特性を明確に考慮する必要がある.和佐研究グループでは,従来の最適制御理論・ゲーム理論/チーム理論の枠組みに利権の構造を数理的に組合せた上で,インセンティブとその対価となるサービスおよび責務を含めた全エージェントの妥結点とシステム全体の限界を理論的に探索している.提案手法はエネルギーシステム,交通システムおよび複合的社会インフラシステムへの応用研究を視野に入れている.
Related Publications: ECC19, IFAC-WC20, Springer18, Springer20, ASCC19 IET-SG19, ASCC17, T-SICE19, CCTA17

戦略的行動・学習メカニズムによる需要供給調整市場メカニズムへの影響分析

数理に基づく生体医療:最適治療戦略と臨床応用

Related Publications: Spetic shock (TBMM19), Type-1 diabetes (JTB18), Depression (JJACC17)

Efficiently Automated Traffic Management Systems

The above hierarchical decision-making structure in smart girds is common to the other cyber-physical systems. From the technical viewpoint of the renovation of urban infrastructure, we also study a next-generation intelligent traffic management systems.
Related Publications: ASCC17, ECC19

Distributed Learning in Network Games

Related Publications: TAC16, JCMSI14, JCMSI13, T-ISCIE12

   

Completed Projects

分散エネルギー管理システム構築のための統合メカニズム設計論の創出

JST CREST EMS領域研究課題として実施した.研究チームの概要はYoutube,研究成果は書籍 "Economically Enabled Energy Management"に編纂した.和佐研究グループの研究内容は世界中のシステム制御研究者による書籍 "Smart Grid Control"に含まれている.小売市場のリアルタイム実装に向けた国際共同研究はIEEE Trans. Smart Gridに採録された.

          

System Modeling and Identification of Dynamical HVAC Systems

Related Publications: JCMSI18, MSC14


 
Copyright (c) Yasuaki WASA | All Rights Reserved.