2017年度春学期・Cプログラミング入門・応物2

担当: 柳澤 優香
時限:木曜1限(9:00-10:30)
教室: 63号館3階Bルーム

 はじめに

Cプログラミング入門 応物2は事前にビデオを視聴してくる反転授業を行います. 反転授業とは,「事前に各自でビデオ授業を視聴予習し,授業内では講義を行わず演習課題を行う授業スタイル」です. 皆様の事前の予習が必須です.以下に表示されている講義資料とビデオを参考に復習しておきましょう.

 授業中の演習課題

「CourseN@vi」の講義のページより出題されますので,課題をダウンロードし授業時間内では各自演習に取り組んで下さい.回答が済んだ演習課題は,「CourseN@vi」の授業ページから提出してもらいます.そのため,授業開始までに「CourseN@vi」の使い方を各自で確認して下さい.

 ビデオの視聴に関して

早稲田大学の授業公開サイト(Waseda Course Channel)から視聴を行うようにして下さい.視聴の際には,関連ソフトのインストールなどが求められる場合がありますが,各自確認し動画が視聴できるようにして下さい.

 出席に関して

情報関連科目では,出席の登録を学生自身が「CourseN@vi」より行う必要があります.講義では手順と諸注意を参照の上,各自,出席を登録してください.詳細は以下のページに記載されていますので,各自確認しておいて下さい.出席登録方法(CourseN@vi)
また,情報系科目の単位取得には最低2/3以上(10回以上)の出席が必要です. 授業開始時刻から10分までの遅刻は出席として認めます。10分をすぎた場合は欠席とします。

 理工UNIXシステムの利用申請

本科目は,理工UNIXシステムを用いたプログラミング演習を行います.そのため,事前に理工UNIXシステムのアカウント申請が必須です.下記の申請方法のWebページを参考に授業開始までに各自申請を行って下さい.
理工UNIXシステムの利用申請

 授業資料

  1. (4/13)  概要・パソコン操作,   予習ビデオ,   授業の受け方
  2. (4/20) Unixの基本,   予習ビデオ,   演習問題
  3. (4/27) 変数・標準入出力 (1),   予習ビデオ,   演習問題
  4. (5/11) 変数・標準入出力 (2),   予習ビデオ,   演習問題
  5. (5/18) 条件分岐,   予習ビデオ,   演習問題
  6. (5/25) 繰り返し (1),   予習ビデオ,   演習問題
  7. (6/1) 繰り返し (2),   予習ビデオ ,   演習問題
  8. (6/8)  配列・マクロ(#define),   予習ビデオ,   演習問題
  9. (6/15)  乱数・数学ライブラリ,   予習ビデオ,   演習問題
  10. (6/22) 関数・グローバル変数,    関数・グローバル変数_臨時,   予習ビデオ ,   演習問題
  11. (6/29) ポインタ,   予習ビデオ ,   演習問題
  12. (7/6) 文字と文字列,   予習ビデオ ,  演習問題
  13. (7/13)  ファイル入出力,   予習ビデオ ,   演習問題 ,   test1.txt ,   test2.txt
  14. (7/20) 構造体,   予習ビデオ ,   演習問題 ,   最終演習課題 ,   myordern.c

 参考: Unix操作

 関連リンク

情報教育Webサイト
理工UNIXシステム利用環境
戻る