今田グループについて

本グループでは、物性物理学を理論的に研究しています。 量子多体系のための理論手法を用いて、互いの相互作用効果の大きな 「強相関量子系」に見られる未知の量子相、量子相転移、相競合を解明し、 現実の物質、未知の物質に広がる新しい物理学を追究することを重要な研究テーマとしています。

詳しくは研究概要をご覧ください。

ニュース,更新情報

  

2022/09/03

ワークショップを開催します。 詳しくはこちら

2022/04/22

プレスリリース:Kota Ido, Kazuyoshi Yoshimi, Takahiro Misawa, and Masatoshi Imada, "Unconventional dual 1D-2D quantum spin liquid revealed by ab initio studies on organic solids family",npj Quantum Mater.7 (2022) 48(1-10).
上記論文のプレスリリースを行ないました。詳しくはこちら

2021/12/01

「メンバー」を更新しました。

2021/11/09

「最近の出版論文」を更新しました。

2021/09/06

「最近の出版論文」を更新しました。

2021/08/25

「最近の出版論文」を更新しました。

2021/08/13

プレスリリース:Yusuke Nomura and Masatoshi Imada, "Dirac-type nodal spin liquid revealed by refined quantum many-body solver using neural-network wave function, correlation ratio, and level spectroscopy", Phys. Rev. X 11 (2021) 031034(1-19).
上記論文のプレスリリースを行ないました。詳しくはこちら

2021/08/12

「最近の出版論文」を更新しました。

2020/11/08

「最近の出版論文」を更新しました。

2020/11/01

「メンバー」を更新しました。

2020/10/12

「メンバー」を更新しました。

2020/08/07

文部科学省 「富岳」成果創出加速プログラム 「量子物質の創発と機能のための基礎科学―「富岳」と最先端実験の密連携による革新的強相関電子科学」のプロジェクトホームページが開設されました。

2020/04/01

「メンバー」を更新しました。

2019/10/01

「メンバー」を更新しました。

2019/07/29

早稲田大学に今田グループホームページが開設されました。

2019/04/09

今田正俊教授が平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞受賞しました。詳しくはこちら

2018/06/01

「メンバー」を更新しました。

2018/04/01

「メンバー」を更新しました。